角膜潰瘍の原因はなんですか

角膜潰瘍は角膜びらんと異なります。角膜の表面の上皮だけでなく、その奥の実質にもにごったり、薄くなったりといった影響が出ている場合は角膜潰瘍といわれます。より重症であり、治ったあとも視力障害が残ります。場合によっては角膜穿孔といって、角膜に孔があいてしまうことがあり、失明に至るケースもまれにあります。

角膜潰瘍の原因は一体なんでしょうか。外傷やいろいろな感染「ヘルペス、細菌、真菌、アメーバ」が主たる原因です。その他、自分の角膜をにごらせたり溶かしたりするような異常な免疫反応「自己免疫」によって生じる場合「蚕蝕性角膜潰瘍」、酸やアルカリが眼に入って起こる場合「角膜化学腐蝕」、糖尿病や神経系の腫瘍などで角膜の知覚神経が障害されて起こる場合もあります。蚕蝕性角膜潰瘍は必ず潰瘍になりますが、それ以外は、そのなかの重症例が角膜潰瘍になると理解してください。

角膜潰瘍の症状について
角膜潰瘍の症状は眼のころつき、痛み「時に激痛」、白目の充血が起こり、瞳にかかる部分に潰瘍ができると、かなり視力が低下します。涙もたくさん出ます。細菌性や真菌性の場合は、目やにがかなり多量に出ます。時に痛みを伴わないことがありますが、この時は角膜の神経が障害されており、かえって治りにくいのが特徴です。

角膜潰瘍の治療について
感染の場合は、その原因となっている微生物に対する薬剤を点眼、眼軟膏、点滴、内服、結膜下注射「白目の部分の最表面の結膜とその下の強膜の間に薬が入るように注射する」などの方法で投与します。感染でない場合は、抗炎症薬を投与したり、角膜の上皮の治癒を促進するために、眼軟膏を入れて眼帯をしたり、治療用のソフトコンタクトレンズを入れたりします。

これらの治療でどうしても治らない場合や、角膜穿孔を起こした場合は角膜移植を行う必要があります。また、うまく治った場合でも、角膜の中央に強い混濁が残って視力が不良の場合は、やはり角膜移植を行います。

角膜潰瘍の予防について
角膜潰瘍を防止するための最良の方法は、眼感染症の症状が発症した場合、あるいは目に損傷を受けた場合には、できるだけ早く治療を受けることです。その他の有用な予防措置には、コンタクトレンズを装着したまま寝ることを避けます。コンタクトレンズを装着する前と後に、洗浄殺菌します。異物が眼に入った場合は、除去するために目をすすぎます。目に触れる前に手を洗います。

オススメ情報サイト

♗バイアグラを格安で購入したいからといって、安易に激安の商品に飛びつくと、偽物を売りつけられる危険性があります。バイアグラを格安で購入するために、ちょっとした工夫で、本物のバイアグラを安全に入手できる、格安購入の3つのポイントを紹介します。EDシアリス治療薬の中でもダントツの知名度と人気を誇るお薬がバイアグラです。

♗魅力的な異性を自分の虜にしてみたい.そんな純粋な欲望が媚薬の効果をより強くしてきました。媚薬の定義は人によって変わりますが、服用した相手の性的興奮を高め、より深い関係になって、振り向かせる効果が期待できます。媚薬の持つ効果は素晴らしいものがあります。