投稿日:

白雪姫病彼女は月経が多く、角膜潰瘍めまいがくらむ

台南1人30歳の王さん、肌が白くて暇がない、友達は彼女がお手入れすると思って、雪の王女にも茶化すれている.しかし、王さんは肌の白、唇さえも血の気、活動する時、眩暈、動悸、常に目の前の黒の現象、仕事の時は昏倒.元に、王さんは貧血を患って、ヘムは7(元/ dl)、医師の問い合わせた後に発見、王さんは毎回月経量が多く、また月経期にいる時、貧血の情況はいっそう明らかにします.月経期は可知健康状態が多すぎ、長すぎても影響を受け入れて例の大病院産婦人科部梁玉玲医師は、いわゆる月経過多月経量が多いというのは(週期ごとにを80ml)や月経が長すぎる(以上ななしち日)、つながる可能性貧血が違い、その程度の貧血に体の隅々臓器の影響で、軽い精神と日常の活動は影響を下げることで、仕事の表現で、重さは体の器官の機能による損傷.医師によると、臨床の上で深刻な貧血による心筋肥大、心臓に瀕不全の事例を見積もって、予約は15%の生殖年齢女性の月経過多の問題、治療する時、まず先に詳しく評価、検査は何の原因による月経すぎや月経た長、対症処理.月経が多い4大の原因

ホルモン失調:勤務と休息の正常ではない、仕事のプレッシャーを招き、ホルモン失調、排卵は正常ではないので、月経異常に続き.

内分泌係疾患:たとえば脳下垂体、甲状腺の機能異常、糖尿病やメタボリック異常にも自分を卵巢機能に異常による.

p子宮構造異常.子宮筋腫など、腺筋症,子宮内膜瘜肉、子宮内膜症など.

他にも凝血薬物、血液凝固機能異常を服用して
.

​​治療についての原則は、可能な病因矯正をしなくて、たとえば勤務と休息の正常でないと提案する生活の勤務と休息の調整、ホルモン失調に使用を考慮调经薬内分泌疾患例えば甲状腺調整;異常に対し、病気の治療に;構造異常ように子宮筋腫、子宮内膜瘜肉は考える手術処理.また、女性もいる月経が多すぎて、は明らかな病因、臨床の上で原発性月経過多、第一線、保守治療薬など、止血薬を服用して月経減、子宮収縮剤を子宮収縮、次に考えホルモン薬で治療を行って,角膜潰瘍、例えば、使用黄体でも子宮内膜生長抑制,月経量を減らすことにより、でも使えるサイクルの混合型调经薬を調整.ゆめゆめ長期使用ホルモンに上半身骨松なら上記方法を無効にし、医師という考え抑制で視床や脳下垂体ホルモン治療薬が、長期の使用にいけないように、骨粗鬆.もし以上の薬物治療も無効と考えて手術など、子宮内膜掻き吹き手術、欠点はまだ子宮内膜が再発して、鏡の二宮焼灼焼い子宮内膜細胞に達し、月経血の量を減らすのが目的で、比較的に若い女性は出産の必要求者」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です