投稿日:

疲れ仕事(2):仕事の角膜潰瘍ゴールデンタイムを把握し、効率がよい

私たちが仕事の順序になってから、仕事の効率をアップさせて、次に完成する任務です.日本時間管理顧問の松本幸夫の提案、仕事の品質と生産の最高の黄金の時間、そして最も重要な仕事に集中してこの区間に集中して、必然的に、必ず成果を勝ち取る.

効率の著者は吕宗昕決定競争力として、私たち自身の体内時計を旨、別の時間を画分をよんしよレベルを最高効率のゴールデンタイムに割り当てられて重要かつ緊急なこと、才能が最大の仕事効率!すべての人のゴールデンタイムはすべて同じではないという.松本幸夫は、朝2時間のゴールデンタイムに仕事を集中すると,角膜潰瘍、ゴールデンタイムが多くの人たちのゴールデンタイムが、実は午後.じゃ、自分のゴールデンタイムをどのようにすれば?

ネットワーク傾向に家で作家の刘威麟提案だけで考え、自分に記録日前後の勤務と休息を見出すことができる、専属の黄金のスケジュールは,最も適する時間で、最も必要な仕事を行うことで、効果を最大限に発揮し、仕事の自然疲れない.にせ、仕事の品質を維持する仕事のゴールデンタイムを把握しても、一株の仕事ができないなら、惜しいことになる.松本幸夫は注意し,重要な仕事は集中して完成し、こまかしい時間を使って、ベストの仕事の品質を維持することができる.効率的に競争力を決めるという本は、一気にワーカー者となり、妨害の時間と空間、一日の仕事を始めてほしい.例えば、仕事の場所を移し無人の会議室、ブリーフィング室や比較的に静かな事務所の隅にして、同僚の特定の時間内に電話代、精神を集中して一心に処理手上の事務.

もしやむを得ない手の仕事を停止しなければならないので、慎选適当な中断を他の書類のままは貴重品及び機密資料)、自分を迅速に入る時に席に接続状況、さっき未完成の仕事. 、

未完、もっと素晴らしい内容で:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です