投稿日:

春の角膜潰瘍養生のアルコール肝の患者の春の食事の養生は何を食べて何を食べますか?

p> <今日の社会のために一部の人をすること、交際など原因をよく飲む酔っぱらっ淋漓,角膜潰瘍、はなはだしきは酒が好きで、運命のようです、アルコール性肝障害.さて秋、アルコール肝患者はどのように保健作業を行うべきでしょうか?次にアルコール肝食養生の原則を見てみて、アルコール肝食養生の原則.

肝臓は解毒の器官で、すべての酒は肝臓で解毒することを経過して、長期的に飲酒してすぐアルコールの肝臓になりやすいです.そして、アルコール性肝障害なら治療を強めに不足して、病気の経過の進展は、より深刻な病気を誘発する.このため、アルコール肝のダメージを避けるため、日常的にその治療を重視.アルコールは肝に秋の食養生の原則、ここ、養生の専門家はアルコールの肝臓の4項の経典を推薦する.

1、紅花サンザシマーマレードマーマレード:

は、紅花マーマレードマーマレード:

サンザシ10グラム、サンザシの50グラム、マーマレード12グラム.上述の水さん味炒めて煮まし、汁を取る.2~3度の服.

に、黄耆ウコン霊芝飲

黄耆さんじゅうグラム、霊芝,駆虫各じゅうごグラム、ウコンじゅうグラム、茶ろくグラム.上記の4味水ソテー、煮沸後に茶葉を浸します.

さん、ビャクジュツ棗:

ビャクジュツ、オオバコ、ウコン各じゅうにグラム,大きいナツメの120 g.白朮、オオバコは、ウコン紗布袋、水と棗共に煮て、できるだけ棗薬液かすへ行ったら、食ナツメ.

よんしよ、当帰ウコン短い毛橘飲

とうき、鬱金各12グラム、サンザシ、橘パイ各25グラム.上述のよんしよ味炒めて煮まして汁を取ると水.2~3度飲む.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です