投稿日:

女は年々やる4種類の角膜潰瘍婦人科検査

アメリカ一項によれば、女性の健康との調査報告によると:既婚女性に、毎年様々な婦人科疾患検出の割合が70 %を超えて.多くの婦人科疾患無症状や早期症状が出た場合は逃した最優秀治療の時期.だから、大人の女性は毎年1回の婦人科の健康診断は、内視、子宮頸を含む検査、超音波スキャン検査や分泌物の検査のため、健康の損傷を最小限に.

p内視.経膣双合診、性体験者は肛を行うことができる.この検査が早期発見が膣穹窿先端に触れたり結節知り子宮や卵巢形態異常がないか、子宮内膜病巢など.妊娠期、特に早い妊娠の時にも、この検査を受けなければならない.検査時,女性は体をリラックスし、不快感を抑えることができます.

子宮頸検査.主に子宮頸の異常と病変を調べて.子宮頸部そる検査方法、現在、50年には,これから50年.近年は増えてきた細胞液に基づくTCT検査(も新しいコノテガシワ氏)検査.性生活、活発性に多く、不審の子宮頸の病患者を受け入れるべきだ、まだハイリスクヒトパピローマウイルス(HPV)検査.

さんじゅう歳以上、特に既婚女性にオススメして2年に一度の子宮頸の毎年頭が切れとHPV検査.もし結果が陰性、2年ぶりの延長を字引を調べ、2回連続した後も陰性さん年ぶり、字引を連続して2回、調べた後に、更に字引を,強力媚薬.膣分泌物を発見したら増え、性生活をした後に出血や、原因不明の膣流血なければならない時、早く行って正規病院.

超音波スキャン検査.超音波検査で便利、安全、費用が低く、検出率が高い.それを使って検査骨盤が、早期に発見で性器の有無奇形、骨盤内炎症性の有無に包んで元、卵管が存在するかどうかを胸水が、子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巢嚢腫や、子宮内膜が均一などの厚さ.たとえもう閉経もあわせて2年ごとに一回点検し.その中、卵巣嚢腫と子宮内膜検査は月経にきれいにしてから3日後に検査して、子宮内膜の検査をしていた.

膣分泌物

検査、通称こしけの検査を理解があるかどうか、膣内細菌、トリコモナス、カビなどの微生物感染.検査前の24時間、洗浄陰門はではなく,角膜潰瘍、腟を水で洗い流すことはさらに用ローション、押し流す病原微生物.

の女性は乳がんの関心を持つべき検査、よんじゅう歳以下の者に、年ごろ回臨床検査さんや結合乳房の超音波スキャン検査.40歳以上の者は毎年、乳房X線検査をし、必要な時に超音波を増加する必要がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です